司法書士アスウェル法務事務所 より豊かな明日へ・・法務でサポート 司法書士アスウェル法務事務所 086-221-8192
業務案内
HOME 会社案内 Q&A お問い合わせ
株式会社は、少ない資本金でも設立できるようになり、1人でも株式会社を設立できるようになりました。 このような新会社法の施行により、起業、独立、開業を考えていた人にとって会社設立は一層身近なものとなりました。
費用的には、新会社法施行前に比べ、かなり安く設立できるようになりましたし、資本金の制限がなくなったことで、会社設立登記のハードルは低くなったと言えますが、実際申請や手続きには多大な時間と手間がかかります。


法人設立登記申請までの流れ

会社設立登記を成功させるためには、登記申請に向けた手続きの順序に沿って、会社設立書類を準備する必要があります。会社を設立登記する手続きはミスや抜けのないよう慎重に登記書類の作成を確認しながら進めなければなりません。

@会社設立のため発起人が集まって登記する基本事項を決定する
A会社の印鑑を作成する
B会社設立発起人会を開き、議事録を作成する
C会社設立を証明する定款を作成する
D会社定款の認証を受ける
E会社設立出資金の払い込みをする
F発起人の決議をとる
G取締役また監査役の選任を行う
H会社設立登記申請書類を作成する
I管轄の法務局で会社設立登記の申請を行う
J会社が設立登記によって誕生した後の各申請手続きを行なう
 以上が会社設立登記の基本的な流れです。


会社設立登記申請の登記申請期限は、取締役・監査役による調査が終了した日または、発起人が定めた日の翌日から数えて2週間以内に行なう必要があります。
会社設立登記なら当事務所へお任せ下さい。

会社設立は、経営者にとっては登記申請だけでなく、会社を成立させるためにたくさんの書類作成に取り組まなくてはなりません。 起業家個人にとって、慣れない登記書類の作成と準備に多くの時間と労力を費やさなくてはなりません。

会社設立登記書類は公的なものである性質上、書類に不備や不足があると、再度申請書類を揃えて再提出に出向かなければなりません。

司法書士ら専門家によって作成される書類は、正確で且つ明瞭に記載されています。会社設立の手順とノウハウは専門的に構築されていますので、登記申請書類においても記載漏れやミスがありません。そのようなことで、行政側からしても登記申請が効率よく処理が行なえて、信頼度が高く公共的利益性もあると高い評価を得ているのです。

そのように、登記申請における効率性と、専門職の信頼性により、正確さと明確性を備えた会社設立登記書類を作成し、速やかに会社の設立登記を遂行できます。

 
不動産登記
法人登記
相続・遺言
後見人選任申立
法務相談
債務整理